日刊パセオフラメンコ

2017年06月26日 しゃちょ日記/東京でだめなら

06雄二.jpg

コメントはこちら
──────────────────────────────────
2017年6月27日(火)その2870◆東京でだめなら

東京でだめなら 名古屋があるさ
名古屋がだめなら 大阪があるさ

19424050_1366699170074105_4010365022173803510_n.jpg

〝時の運〟とも〝人の運〟とも、
ほとんど無縁な本人の実力オンリーの世界、
将棋のプロテストに失格した高校時代、
この流行り歌にはずいぶんと救われた。
だから「好きなことだけやろう」という
雑草の意地と戦略だけは捨てずに居れた。

のちのフラメンコブームの布石となるガデス来日公演で、
〝時の運〟を知ったのが三十過ぎ。
万年倒産危機を救い続けてくれる人々に、
〝人の運〟を知ったのが四十過ぎ。
ちなみに本人の実力は、この六十年ブレることなく
低め安定をキープしている。

──────────────────────────────────
2017年6月26日(月)その2869◆天使の跳躍

ええーーーーーっ!
おとなり大吉、カウンター奥の私の指定席。
そこには世界新記録29連勝の懸かった藤井四段の一戦が
ライヴ中継されるネット画面が用意されていた。
気まぐれで寄ったにも関わらず、
ツーカーの天才占い師・大吉マスターは私の来店を読んでいたのだ。

19420529_1367100826700606_5230548869176435546_n.jpg

相手もまた未来の名人候補と評される19歳の超強豪・増田四段。
観始めた時には、藤井やや苦し。
藤井四段〝天使の跳躍(桂馬の二段跳ね)〟が翔び出す。
ああ、読み筋だったのか。大局で観るなら、
中盤のこの二手こそが勝負を決したとヘボなりに私は思う。
驚いたのは将棋は素人であるはずの大吉がこの手を予想したことだ。
占いなんか簡単に当てるはずだよ、その直観(汗)
                 
その局面で29連勝達成は予測出来たが、四時間かけてラストシーンまで見届けた。
双方ともに悪手の見当たらない死闘とも云うべき名局で、席を立てなかったのだ。
46年前の将棋のプロテスト受験と同様な集中力で、画面を見つめ読みふけった。
アマチュアながら将棋連盟公認の六段なので、
通常のプロ棋士対局の指し手の五割程度は当てるものだが、
この将棋は双方ともに二割も当たらなかった。
まるで〝矛盾〟の語源となった矛と盾の凄絶な闘いを観るようだったよ。
あ、なんて人間は素晴らしい!

──────────────────────────────────
2017年6月26日(月)その2868◆味方だったか

「人工知能を敵対視するのではなく、協力者として共に成長すべき」

昨晩のNHKスペシャルで、羽生善治三冠(46歳)はそう断言した。
いま話題の藤井聡太四段(14歳)はその方法論を採り入れたことで、
前人未到の29連勝に挑むチャンスを迎えた。
勝負においてチェスも囲碁も将棋も人工知能に敗れたが、
プロ棋士たちが人工頭脳と協力し合うことで、
来たるべき人工知能社会の平和協力的シミュレーション
(例えば戦争回避)が先んじて可能となる。

コンピュータ将棋と対戦していてヘボなりに気付くことは
「危険そうに見える領域を怖がらない」ということ。
こう指しておけば安全という伝統的な知恵に彼らは頼らず、
何が危険なのかを具体的に深く読み込み、
その分析をもとに怖がらずに踏み込んで来る。
「安全そうに見えるルートが最も危ない」とする
各界の強い勝負師の知恵と共通しているところが興味深い。

19400166_1366624560081566_2701543139217417702_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月25日(日)その2867◆心置きなく

久々の全休を、家でごろごろジェーと過ごす。
なぜかジェーは落語を好まねーので、
今日はパコとバッハとズージャだな。

19424031_1365678166842872_7760633153506423253_n.jpg

このところちょっと奴は調子を崩してる。
雨が止んだら、裏の緑道を散歩しような。
戻ったら、例の特製焼きプリンだ。
晩めしはおめえの好物オレ流ちゃんこ鍋だし、
来週日曜は一家で出かけるおめえの大好きな選挙じぇねーの。

説教はしらっとやり過ごすが、自分にとって楽しい言葉は分かるので、
両の目をキラキラさせ、ひとつひとつにウンウンしっかり頷くジェー。  
そう、犬だろうが人だろうが、希望さえありゃ、大概なんとかなるもんさ。
おめえもおれも、せいぜい機嫌よく生きて、心置きなく死んできな。

──────────────────────────────────
2017年6月24日(土)その2866◆スケベ度

これからパセオ9月号の仕込みに掛かり、
夕刻より連れ合いと呑み会。
中野在住三十年、ここらを知り尽くす経理の万里ちゃん御推奨、
北口の人気店での初呑みだ。

気に入った店にせっせと通い金を落とすのが男の常なんだが、
ほとんどの女性は新規開拓を好む。
少なくともこの道においては、男より女のほうがスケベである。きっぱり
ちなみに写真は、私が生まれた頃の中野駅北口の風情。
どこか長閑(のどか)だよねえ。

19424461_1364804460263576_447342672751985739_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月24日(土)その2868◆突き抜け感
        
来週土曜のお楽しみはこれっ!
今や押しも押されぬメジャーとなった、
誰でも知ってる沖仁のデビュー15周年記念コンサート。

ついこないだも「沖仁って、ほんとに凄いの?」と、
四十年も昔に場末のパブでギタリストやってた頃の彼女からメールお問い合わせ。
いまは四人の孫に囲まれて暮らす彼女に、
おれの三億倍すげーよと打ち返すと、
ふ~ん、ならオペラシティいくからとのご返信。

ビクターから今月リリースされた彼の新譜『クラシコ』は、
分かりやすさと格調高さが同居する傑作で、聴き方によっては彼のベスト盤。
それにしてもどーよ、このフライヤー(笑)
ファンタスティックな彼の、矜持豊かな突き抜け感がよく出てるよなあ。

19260243_1364127070331315_3583755349000676316_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月23日(金)その2867◆いい塩梅

先週の井上圭子ソロライヴに続く超満員御礼、
鈴木舞&鈴木千琴のエレガントにして生き活きとする今宵のパセオライヴ。
それぞれのソロライヴがイメージ出来たので、
伸び盛りの新人公演奨励賞姉妹(34歳と31歳、共に二児の母)ときっちり話した。
軽く(?)打ち上げて車で五分、先ほど帰宅。

私の三倍は仕事する後輩からもらった塩らっきょで、風呂上がりの一杯中。
苦労人の漬けたらっきょはいい塩梅でシンプルに深い。
連れ合い絶賛の新作缶チューでとどめの全身リラックス。
さあ、あとは寝るだけ。
明日は重労働。夢の通い路、今晩はこれ聴く。

19429788_1363361747074514_2720412749985274024_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月22日(木)その2866◆風は吹かない

『風は吹かない』

独創派バイラオーラ本田恵美との数年前のしゃちょ対談タイトル。
若いころには明日は明日の風が吹くとうそぶいていた彼女がたどり着いた結論。
今年二月のパセオライヴでも本田は、
そのシャープな矜持と技倆を惜しみなく発揮してくれた。
そこに生ぬるさは微塵もなかった。

自分から具体的に動けば、必ず風は吹く。
それはほとんど向かい風だが、帆船のような賢さで逆用すれば、
順風ばりの成果と充実がもたらされる。
ニュートン力学(作用反作用の法則)は案外と暮らしの役に立つみたい。
連想ついでに、リスクを逆手にニッポンを前進させたこのお方も見事なり。

面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり(高杉晋作)

19366391_1362653240478698_6962212311041705287_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月21日(水)その2865◆華の姉妹デュオ

生ハムは美味しいし、メロンも美味しいし、二つ一緒に食べても美味しい。
格調高く、痛快極まりなかった昨年5月の鈴木舞&鈴木千琴の
デュオライヴを想い出していたら、ふと生ハムメロンの味わいが蘇った。

姉妹ともに日本フラメンコ協会新人公演・奨励賞受賞者で、
ソロリサイタルを成功させる実力は各々充分にある。
前回はそれぞれ二人のお子さんを産み、
さあ本格的にフラメンコにカムバックという時期だったので、
頃やよしとデュオライヴをお願いしたのだが、
期待を遥か上回るステージを爆裂させてくれたシスターズの、
姉(舞)の重厚なペソと妹(千琴)のスタイリッシュな粋は鮮烈だった。

ソロも存分に魅せたが、パレハ(シギリージャ)のアンサンブルもまさに絶妙だった。
芸風もアイレもまるでちがうのに、いやだからこそ、
それが見事にフラメンコのパレハの醍醐味を引き出しきったのである。
その模様を驚くほど精緻な視線でとらえた本誌ライター若林作絵は
公演忘備録にこう描いた。

「安定した技術、フラメンコの力強さ、曽我辺靖子(母)から受け継いだエレガンテ、
家族の信頼感、そのようなものが融合して、増幅してあふれ出す。
根底から醸し出されるのは、二人の健やかさだ。
私はこの健やかなフラメンコにめっぽう弱くて、見ていると泣けてしまう。
今宵はしっかり根を張った骨太の幹を見せていただいた」

満席・立ち見のあの熱いライヴから一年強、
その後の舞と千琴の進境ぶりを、この眼で確かめられる幸運!
 (月刊パセオフラメンコ2017年6月号より~小山雄二)

鈴木姉妹■Ⓒ小倉泉弥.JPG

2017年6月22日(木)20時 高円寺エスぺランサ
パセオフラメンコライヴVol.59
鈴木舞&鈴木千琴デュオライヴ
【出演】
鈴木舞(バイレ)
鈴木千琴(バイレ)
大渕博光(カンテ)
有田圭輔(カンテ)
徳永康次郎(ギター)
http://www.paseo-flamenco.com/daily/2017/06/2017622.php#005998
              
早々に座席指定ソールドアウトで、立ち見予約は5名ほどオッケー。
パセオ忘備録(8/20発売号)執筆は白井盛雄、フロントは吉野理子、
バックと撮影は小倉編集長、で、無駄にウロウロしている元イケメン係員がおれ。

──────────────────────────────────
2017年6月20日(火)その2864◆スベっては転ぶ人

朝の銀行回りの途中、仲良し旧知より好物の塩らっきょをゲット。
出社してやっとのことで残務を終え、午後からは例によって、
面白いようにスベっては転ぶ新たな布石をメールで打ちまくる。
夕方からは中野で、カリスマ由紀さんともろもろ打ち合わせ。
むろんこちらも面白いようにスベっては転ぶ予感(汗)

19225214_1360993297311359_5830453550512684253_n.jpg

(ヴィジュアルは5/17大沼由紀パセオソロライヴより Ⓒ小倉泉弥)

──────────────────────────────────
2017年6月19日(月)その2863◆君は君 我は我

「よく働きよく遊ぶ」

私の好きな大人たちはほとんど皆それを体現していた。
誰に諭されるでもなく、私が働き始めたのは16歳だが、
小学校に上がる頃からその手の大人たちの生き活きとした暮らしを、
ずっと生理的に好ましいと感じていた。

きのう想った『群盲象を評す』が示すように、
そうした風情が単に昭和三十年代・東京下町固有の文化であった可能性も高い。
すでに六十を超えた私も、ずっとそういう環境を選んで生きて来ちゃったわけだし、
今さらそれ違うよって云われても軌道修正は難しい。
ならば他の文化も認めるよりないという解決策が視えてくる。
そうでない生き方に好ましさを感じることも多い・・って、
やがていつかは建前でなくそう云ってみたい。

19274759_1360872043990151_5608536043817680686_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月18日(日)その2862◆ヴィンテージ

五夜連続呑み会のツケ仕事を片づけ、風呂上がりの一杯中。
遠征から戻る連れ合いとジェーに、これからシチューとゆで卵を仕込む。

19224997_1359507880793234_6658445272377178642_n.jpg

久しぶりに昭和のヴィンテージを聴いている。
恋の季節、ブルーライト・ヨコハマ、別れのブルース、
愛の讃歌あたりが絶品だね。
久々のマッカランも沁みてくる。

──────────────────────────────────
2017年6月17日(土)その2861◆群盲象を評す

幼いころの紙芝居の記憶がふとよみがえる。

暗闇で象にさわった者たちが、それぞれに感想を述べる。
足にふれた者は「柱のようです」
尾にふれた者は「綱のようです」
鼻にふれた者は「木の枝のようです」
耳にふれた者は「扇のようです」
腹にふれた者は「壁のようです」
牙にふれた者は「パイプのようです」。

19225904_1359150204162335_1303304163561632930_n.jpg

それぞれは部分的に正解である。
だが惜しいかな、全体を見通せてはいない。
これは神秘の地インドで生まれた『群盲象を評す』というお話。
フラメンコについて語るとき、わかっちゃいながら私たちは皆、
これに近いことをやっている。
深い見識は貴重だがその深きがゆえに陥るワナもあるし、
また、浅きがゆえにその本質をシンプルに云い当てることもある。
真実の多様性は争いも巻き起こすが、
それがまた本当の豊かさの源であることを肝に銘じておきたい。

昨晩はパセオの公演忘備録を書いて寝たのだが、
起き抜けの朝風呂の爽快感がこの古代インドの紙芝居の
遠い記憶を呼び覚ましたのだろう。
フラメンコ形成に大きな影響を与えた放浪民族ロマ(ヒターノ)、
その起源も5世紀のインドに遡るという。
実に壮大な時の流れが快く身に染みてくる日曜朝の充実。
だからといってこのあとのチョー山積み仕事が減るわけでもない。

──────────────────────────────────
2017年6月17日(土)その2860◆強敵

理不尽をやり過ごすにはパーッと発散するのが一番だが、
さすがに今週は呑み過ぎた。
連日の早出くらいではとても間に合わず、
月曜からの五連チャン呑み会のツケを払うべく、早朝よりパセオ出勤。
連れ合いは二泊三日の地方巡業、ジェーは三泊四日の定期検診とあって、
この土日は淡々と実務に集中する。
むろん酒などもっての他だが、人には誰しも魔がさす瞬間というのはある。
昼と夜の境目に来る〝逢魔が刻〟の、
パセオからわずか三秒の立地にあるあの妖しい提灯の誘惑。
この強敵に打つ克つことはあのモハメッド・アリに打ち勝つ以上に難しい(汗)

19145867_1358390590904963_8840333037932110636_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月16日(金)その2859◆いい歳のエリー

光陰矢の如し。
金沢に暮らす旧友を皆で訪ねる旅からすでに二年。
今宵はすでに44年続く、高校同級の四季の呑み会。
会場はすでに38年通う、母校近くのちゃんこの名店〝紫鶴〟。

19225166_1357277177682971_1799973474439551227_n.jpg

本日のゲストはやはり高三同級、早大代表で
初代ミス・キャンパスに輝いた〝愛しのエリー〟。
永い歳月とともに〝いい歳のエリー〟に昇格した彼女(写真は五年前)だが、
青春時代からのオーラはまんまである。

19113802_1357277611016261_7158204905741615845_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月15日(木)その2858◆おやぢラッシュ

昨晩は熱狂のドド子ライヴで完全燃焼。
打ち上げで萩原淳子さんや田村陽子さんとその夫君、
鈴木敦弘さんや三木重人さんらと話せてうれしかった。

今宵は要町でおやぢ会である。
明晩は平井でおやぢ会である。
おやぢ会の合間を縫って各種締切と闘うおやぢ。
あっ、おぢや食いたくなってきた。

19224831_1356385294438826_6866554861147411458_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月14日(水)その2857◆猫はいない

今宵20時より大入り満席、いよいよ待ちに待った井上圭子ソロライヴ。
ジプキンのボラーレを歌う石塚隆充のTV『THEカラオケ★バトル
~歌の異種格闘技戦』出演も20時頃というから、こちらは録画を手配。

さあ、これから張り切ってパセオ8月号の入稿である。
ライヴ情報、公演忘備録、パセオライヴ8月プレ記事、Hola!などざっと十数頁、
そして原稿料振込や製品発注や請求書発送など、まさに時間との闘いである。
正直云って犬の手も借りたい。

19146273_1355028061241216_6733466169480825280_n.jpg

──────────────────────────────────
2017年6月13日(火)その2856◆ドド子

2009年ラ・ウニオン『カンテ・デ・ラス・ミナス国際フェスティバル』
において外国人として初のファイナル進出。

19113957_1353299588080730_2079668665865427637_n.jpg
      
おそるべき実績を持つ彼女のソロをまだ私は観ていない。
パセオライヴの出演はこの眼を頼りに依頼するのが大原則だが、
複数の信頼筋による強い推薦によって決めた唯一のケース。
この噂の大物とはほんの少しメールをやりとりしただけで面識もない。
愛称のドド子は土をふたつ重ねる「圭子」から来ているらしい。

今週水曜に迫る井上圭子ソロライヴに配布するプログラム校正を、
きのうメールで送ったのだが、どうしたわけかそれが届かない。
FBでメッセを交わしながらのメール送信の試行錯誤。
そのやりとりをほぼ原文のまま実況で。

私「メールじゃないと校正送れないなあ。
 あっ、ファックスで送ろうか? 至急番号教えて!」
井上圭子「了解しました!あっ、ウチ、ファックスが無いのです」
困ったと思案する瞬間、FBメッセが届く。
「そうだ、もう一つのメアドをお知らせ致します」
すぐに校正添付メールを再送し、FBに書き込む。
「いま送った、トドいて、トド子っ!」
「ドドコだよ」
「じゃあ、ドドいてっ!」
ややあって、
「やはりドドきません、なんでかしら?」
「だめか、×メールは時々事故があるんだ。じゃあ校正はともかく、
 プログラムの曲目下に載せるドド子の(当日の客席に対する)コメントを、
 明日朝までにFBで送って」
「そうだ、ヤホーのメールでしたら行けますかね?」
ヤホーメールで再送する。
「ヤッホー、ヤホー送ったあるが、ドドいたか?」

無事ヤッホーは届き、校正も済み、
先ほどプログラム用の本人コメントも無事ドドいた。
        
──────────────────────────────────
2017年6月12日(月)その2855◆井上圭子ソロライヴ

「『二十世紀バレエ団』のモーリス・ベジャールです。ダンスって世界は凄いものだと感動したのは。初めて観た作品は『エロス・タナトス』。中1の時でした」
以前観た、井上圭子の優美なアレグリアスが胸に焼き付いている。翻したバタ・デ・コーラは花びらのような放物線を描く。その広がりと質感は彼女の肉体と繋がり、生き物の存在感で心に迫って来た。あの生命力の正体は何だったのだろう? 彼女が奥に秘めているものをずっと知りたくて、踊りの芯にあるものは何かと尋ねたとき、返ってきた言葉。ああやはり美しいだけではない、燃えるものがこの人の内にあったのだと、すっと腑に落ちた。
 2009年、ラ・ウニオン『カンテ・デ・ラス・ミナス国際フェスティバル』での外国人として初のファイナリスト。師である小松原庸子に愛情をもって鍛え上げられ大舞台に臨んだ。そして、体力も精神も「すべて焦げ付くほど」という想いの中で闘い、掴み取った結果だった。そんな極限を乗り越えて来た人だ。
「踊り続けながら目指していることは、観に来てくださる方々の 創造力をかきたてる小さな部品で在りたいということです。心強いアーティストに助けられながら、自身の身体を通して皆様のもとに『何か』が届きますように」
官能、ウイット、孤独。井上圭子のフラメンコにはこれらの豊かな澱がある。この日に降りてくる美しくて深い「何か」を今から渇望してやまない。
       (月刊パセオフラメンコ2017年6月号~井口由美子)

19029529_1352092008201488_3575422915830473869_n.jpg

座席指定は早々にソールドアウト。
いよいよ噂の大物バイラオーラがパセオライヴに初登場!

2017年6月14日(木)20時 高円寺エスペランサ
パセオフラメンコライヴVol.58 井上圭子ソロライヴ
http://www.paseo-flamenco.com/daily/2017/06/2017614.php#005999
※立ち見席は上記までお問い合わせを!

【出演】
井上圭子(バイレ)
エル・プラテアオ(カンテ)
三木重人(ヴァイオリン)
三枝雄輔(パルマ)
鈴木淳弘(ギター)

──────────────────────────────────
2017年6月11日(日)その2854◆微笑む犬

シャドウ・オブ・ユア・スマイル
(The Shadow of Your Smile)
               
場末のパブのギタリストだった頃、よくエンディングに弾いてた。
映画(『いそしぎ』1965年)はピンとこなかったが、その音楽は永遠なる心の糧。
私の中の宗教とバッハ(あるいはフラメンコ)の関係みたい。

バーブラ、シナトラ、アンディ、アストラッド、バーデン等々、
素敵なカヴァー演奏は無数にあって、今もボサノバ系のアレンジでよく聴く。
なぜかいつも奴のこんな佇まいを想い出す。
撮影者である連れ合い、高校時代は写真部だったとさ。

18952738_1351422348268454_5676081374097453191_n.jpg

――――――――――――――――――――――――――――――
バックナンバーはこちら